スーパースターとスタンスミス

スーパースターとスタンスミス

アディダス オリジナルスを代表するスニーカーであるとともに、いずれもスニーカーオブスニーカーズと言っても過言ではないスーパースターとスタンスミス。

2015年に購入したスニーカーは計4足。

振り返るとどうやら今年はこの2種類のスニーカーしか購入していませんでした。

生誕45周年オリジナルスのスーパースター

スーパースターとスタンスミス

2014年は2年ぶりに復活したスタンスミスに沸いた一年でしたが、2015年は生誕45周年を迎えたスーパースター80sが「スーパースター80s ヴィンテージデラックス(SS80s DLX)」としてリニューアル。

待望のグリーンのSS80s DLXを筆頭に、ブルーのSS90s、そしてつい先日B&Y別注のスウェードのSS80sの計3足を入手してしまいました。

SS80s - 1 (1)

現代的にモディファイされた懐かしのプロモデルが登場したりと2015年はSS80sをチェックするのが特に楽しかった一年。女性誌にも度々登場していたようで、街でもSSを履いている方をよく見かけました。

SSといえばの白/黒はDLXの前身たるSS80sを保有しているので、いずれ2015年秋冬モデルとして登場したDLXの黒/白を入手したいですね。

結局一足履くと他の色も欲しくなってしまうのもSSの魅力ですが、カラーで迷われたらばまずはベースとなる白/黒がおすすめです。

DLXを複数色ご購入されたという方も多かったのではないでしょうか。

緑のスタンスミス

スーパースターとスタンスミス

僕の場合、スタンスミスはネイビーを選ぶことが多いので緑のスタンスミスはかなり久しぶりに購入しました。

このグリーンのガラスレザーモデル、シュータンのスタンスミスロゴとヒールタブのカラーが異なるのが特徴のひとつ。最初はやや違和感もあったものの、実物を確認し履いてみるとこれはこれで渋いですね。

光沢のあるガラスレザーとうまくマッチしているように思います。

スーパースターかスタンスミスか

「スタンスミスとスーパースターのどちらを選ぶのか」というのは非常に悩ましいテーマ…僕が最初に購入したのはSSでした。

正直、ジョーダンにレイドとバッシュ全盛期のNIKEからスニーカーに興味を持った頃はスタンスミスは素っ気なさすぎてその魅力が理解できませんでした。

しかし、服に合わせてスニーカーを履くとなるとミニマルなスタンスミスは合わせやすいんですよね。これが多くの方に愛される主な理由のひとつではないかと。

先のスーパースターの白/黒とともに、スタンスミスのベースは緑。

SSにスタンスミスと悩まれたら、いずれもまずはベーシックカラーがおすすめです。その上で好きなカラーを見つけてチャレンジしてみるといいかもしれませんね。

あとがき

そんなことで「スーパースターとスタンスミス」と題し、2015年度に購入したスニーカーを振り返ってみました。

いずれも定番中の定番ですがしっくりきます。

どちらか一足を選ぶというのはやっぱり難しいですね。

参考ショップ&モデル

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。