GREGORY 40周年記念モデル / DAY PACK 90

明治通りのグレゴリー原宿では3月18日から三連休を利用しグレゴリーの40周年展が開催中。

そんな40周年記念モデルの第二弾として往年の通称紫タグモデルを復刻したDAY PACK 90が届きました。

25Lのせいか第一印象は丸っこくて小さなデイ。

現行モデルに比べても小ぶりな印象です。

今回はこのDAY PACK 90を30周年モデルの茶タグデイパックと比べてみました。

そもそも、茶タグ、紫タグと時期が違うので比較すること自体ナンセンスかもしれませんが、せっかくの機会なので、30周年モデルと40周年モデルということで並べてみました。

付属品

DAY PACK 90の付属品は、素朴なフラッシャーとギャランティカード。

某ショップでヒストリーブックにステッカーが付いてくるのを見たんですが、基本はこれだけのようですね。

なお、A&Fさんが輸入元だった2007年の30周年記念モデルの付属品はフラッシャーとステッカーとギャランティーカードの3点。

フラッシャー等も好きなので40周年モデルは少し物足りない感じですね。

と言いますか、最近のグレゴリーの紙ラベル等はグローバル仕様でかなり素っ気ない感じです。

生産国

アニバーサリーモデルとして若干期待していたMADE IN USA。

こちらも現行モデルと同じMADE IN PHILIPPINES。

やはり、旧タグでバックを開けた時にアメリカ製のタグがないのはさみしいところ。

30周年モデルはMADE IN USAでした。

タグ

憧れの紫タグ。

色が褪せて落ち着いてきたらいい塩梅になりそうです。

今回も前回の茶タグ30周年モデルと同様に創業年から現在までの西暦が刻まれています。

個人的には西暦がないほうが好みですが、オリジナルとの区別のためにも必要なのかもしれません。

それに40周年記念モデルですからね。

次の50周年モデルは1977-2027になるんですね。

バックルパーツ

DAY PACK 90のバックルパーツは韓国のWJ製。

現行のモデルの多くはこちらのWJ社製が使われているようです。

30周年モデルは米National Molding社製。

National Moldingの方が若干無骨なイメージです。

フィギュア8

シングルポケット等を装着するための八の字型のフィギュア8。

こちらも現行モデルと同様にグレゴリーマークはありません。

手持ちのモデルだと30周年モデルだとグレゴリーマークがあって、銀タグ初期のモデルだとグレゴリーマークが入っていません。

写真はDAY PACK 90のフィギュア8になります。

ジッパー&ジッパータブ

DAY PACK 90のジッパーはYKKの黒塗り#10、ジッパータブは紐タブ仕様。

グレゴリーのデイパックと言えばレザータブ。

使っていくとアジが出るのがレザー製のいいところ。紐タブはレザー製のジッパータブに慣れていると物足りなく感じます。

これは自分でレザータブに替える予定。

30周年モデルでは平打ちのYKK#10にレザータブが使われています。

かまぼこ

先日のグレゴリーブックに正式名が載っていたんですが長いので、略してかまぼこ。

ショルダーハーネスの下部にあるパッドです。

特にこのかまぼこの恩恵を感じた事はないんですが、往年のディティールのひとつとしてキライじゃないですね。

現行モデルにはないので、アニバーサリーモデルの特徴のひとつ。

写真はDAY PACK 90の物ですが、30周年モデルにもあります。

内部構造等

復刻モデルなので当たり前と言えば当たり前なのですが、現行のデイに装備されている内部オーガナイザーにキーリング、そしてPCスリーブはありません。

またウエストベルトを収納するベルトキーパーもありません。

個人的には内部のコーティングが経年によってどうなるのかが気になります。

さすがに、紫タグ当時のコーディング剤ではないので耐久性も向上しているとは思いますけど。

あとがき

かなりのポリュームになってしまいましたが、DAY PACK 90をメインに30周年モデルを比べると現行(当時)のパーツをうまく組み合わせて復刻しているのですね。

それに茶タグや紫タグは懐かしいというよりは憧れのある世代なので、紫タグモデルが使えるのは新鮮です。

しかし、40周年記念モデル、一体何弾まで出るんですかね?

秋冬モデルとして第三弾や四弾なんかも出たら困るんですけど。

もちろん、ブルーレターのデイも買ってしまったわけで‥

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメント

  1. えぼ7 より:

    はじめましていつも楽しくみさせていただいています。
    私は40周年モデルは1977、紫タグのデイアンドハーフ、ブルーレターのテールランナーを購入しました。
    多分秋冬に第3弾ありそうです。
    以前ネットでシルバーレターのチョコチップカモ、茶タグの黄赤の画像がでまわりました。
    すぐに消されましたが可能性はあると思います。

    • depwing depwing より:

      はじめまして、こんばんは。
      ブログをご覧頂きありがとうございます。1977に、紫タグのデイ&ハーフ、ブルーレターのテールランナーですか!かなり悩んで二種類のデイにしたんですが、1977とデイアンドハーフは後ろ髪を引かれる思いです。テールランナーはついつい買っちゃいますよね。
      しかし、冗談で書いたつもりだったんですが、秋冬に第3弾がありそうなんですね。シルバーレターのチョコチップカモに茶タグの赤茶と人気カラーなだけに現実味がありますね…
      商売上手というか、わかってらっしゃるというかファンにはまだまだ悩ましい40周年になりそうですね。

  2. R より:

    こんばんは
    容量が少しだけ少ないので、ディテールもちょっと違うのですね。
    そんなことを聞くとまた欲しくなってしまうのですが、ぐっと我慢なのです。
    かまぼこ部品は自分で作ってみようかなと。後で形やサイズをお聞きするかも知れません。その際は宜しくお願いいたします。

    • depwing depwing より:

      こんばんわ
      そうなんですよ、ビームスのデイなんかと比べても少し小さくてかわいいんですよね。それに名称がわからなくて書かなかったんですが、ボトムライン?が高く、近年のモデルよりもハイウエスト気味なのも愛嬌がありますね。パーツ類は現行の物でも、パターンはきちんと往年の物を使っているというのが面白いです。
      Rさんの自家製かまぼこ、気になりますね。お気軽にお声をおかけください。

  3. えぼ7 より:

    一部訂正します。
    チョコチップカモでなくデザートカモでした。
    申し訳ありませんでした。

    • depwing depwing より:

      いえいえ、ご丁寧にありがとうございます。グレゴリーのデザートカモと言えばチョコチップですかね。かつてチョコチップのカジュアルデイを持っていたので懐かしいです。

  4. カズ より:

    はじめまして。
    グレゴリーのデイパックかデイアンドハーフ、どちらを購入しようか頭を悩ませている時、こちらにたどり着きました(笑)容量とポケット、どちらも必須、しかし他のは嫌だ、じゃぁどうする!?って胃が痛くなるほど迷ったあげくデイアンドハーフにしようかと思います。4本のストラップは普段どうされてますか?

    • depwing depwing より:

      はじめまして、こんばんは。
      デイかデイアンドハーフかは悩ましいところですよね。デイアンドハーフの魅力は一気室とその無骨なデザインでしょうか。表にポケットがないのは好みが分かれるところですが、大容量でガサッと荷物を収納出来るのは便利ですね。それに4本のストラップがアクセントになっていてかっこいいんですよね。こちらは荷物の出し入れをする時以外はとめていますよ。

  5. カズ より:

    お返事ありがとうございます。
    ストラップ、まとめているんですね。普通の黒とHDナイロンはどちらがオススメでしょうか?強度の違いは分かりますが、depwingさんならではの見解をお聞きしたいです!

    • depwing depwing より:

      こんばんは。
      質感や色合い等、420Dナイロンの普通の黒が好きですね。それにベタベタの定番好きとしてもグレゴリーのクラシックシリーズのイメージは420Dナイロンなので、普通の黒をオススメします。
      ご参考までに…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。