レッドウィングの2014F/Wの新作の販売がスタート!!

レッドウィング新作

発売日は2014年9月21日(火)を予定していたものの入荷が遅れていた2014F/Wのレッドウィングの新作。

このレッドウィングの新作が各正規取扱店に入荷し始めました。当サイトでも前評判の高かったクローンダイクのエンジニア#9268に、インディゴポーテージの#8853等を中心にご紹介してきましたが今回の新作はもちろんこれだけではありません。

エンジニアを含む6インチを中心とした新作が計6足登場。

今回はそんなレッドウィングの2014F/Wの新作6足をザッと振り返ってみたいと思います。

ブラックスミスが登場

まずは当サイトではまだ登場していなかったブラックスミスの#8015と#8016。

ブラックスミスは起毛したラフアウトレザーの表面に防水加工を施した”スピットファイヤーレザー”を採用し、カラーはクラシカルなブラウンとボルドーの2色展開。

こちらのブラックスミスはクラシックワークのラウンドトゥモデルのフォルムとアイアンレンジ等でも採用されているニトリルコルクソールを採用したモデルです。

ブラックスミス(鍛冶職人)は、くるぶしを包み軽量であることを重視するワークブーツの普遍的なディティールを搭載した一足。

気になっていたABCマートのベックマン風モデルのネームもブラックスミスと変更されていますが、いわゆる海外展開のある29〜品番のブラックスミスとは異なる日本仕様の模様です。

入手困難モデル?クローンダイクのエンジニア#9268

やはり一部国内正規店でアナウンスがあったように初期ロットの入荷数は少なめのようです。予約の有無にかかわらずサイズによっては納期に遅れが生じる模様です。

クローンダイクのエンジニアは発売を望んでいた方が非常に多かった印象。Twitterで購入された方の画像を見るとやはりかっこいい☆

次はクローンダイクのペコスなどにも期待したいですよね。

ブラック・トラクションソールが新しい#8853と#8852

レッドウィングのレギュラーラインには存在していなかったブラックトラクショントレッドソールが遂に登場。

ブラックトラクションは以前からニーズの高かったソール。この純正のソールの登場により、他のモデルのソール交換にもブラックトラクションが使えるのかは興味があるところです。

昨今のネイビー人気もあり、インディゴ・ポーテージの#8853の前評判が特に高かったように感じます。

ベルバリタンレザーの#8852も落着いた雰囲気に仕上がった一足。

アズロ・エ・マローネと紺と茶のモデルにブラックトラクションが採用されたのが印象的な2足です。

数量限定モデルのグリーンセッターこと#8180

個人的には再販を待っていたカンガタン・ポーテージの#8180。

カモ柄のシューレースが付属しないのは残念ですが、深みのある緑がとても魅力的。Blog等で履かれている方を見かけるといつもうらやましく思っていました。

こちらは数量限定モデルなのがニクイ …

レッドウィングジャパン、商売上手ですね^^;

あとがき

私も早速ある正規取扱店さんで#8853を試着させて頂きました。

ブラックトラクションがクール!

残念ながらエンジニアの#9268やグリーンセッターの#8180等は見る事はできませんでしたが期待が膨らむ一足でした。

入荷したばかりのレッドウィングの新作を見に出かけるものいいですよね。見て履くと欲しくなってしまいますが…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメント

  1. momi より:

    すみません><
    写真を投稿しようと、携帯をいじっていたら誤送信されてしまいました><
    不都合ありましたら消去してください
    とりあえず秋冬新作は届きましたw

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。