ソールの減り具合 Red Wing 9874

9874&9870 - 1 (2)

おーまいがー。

気がつけば3月も5日ですね、こんばんわ。

それにしても、2月は2回しか更新していないというサボりっぷり。

3月は3回にならないよう意識したいと思います。

さて、ライフワークと言えば聞こえはいいですが、まずはリハビリを兼ねていつもの9874の所感から。

ここのところ

オックスフォードの9895を履く機会が多く、以前ほど履けていないRW 9874。

ただ、2年ほど履いていることもあって、レザーのシワにソールの黄ばみ等、少しは雰囲気が出てきました。

ランドセルとウォーズマン。

9874&9870 - 1 (1)

Red Wing 9874と9870

電球の下ではわかりづらいものの、さすがに数か月前から履き始めた同じレザーの9870と比べると質感に差が出ますね。

合わせやすさや履きやすさはラウンドの9870に分があるようにも感じますが、こう並べてみるとモックはそのゴツッとした無骨さがいいですね。

ところで

この9874、先の9895なんかに比べるとソールの減りが少ないんです。

9895 2 - 1 (1)

当たり前ですが、ある靴を履いていると他の靴は履けないわけでして、それが靴の数が増えると顕著。

エイジングもこれまた進まない…

ローテーションは組むとしても、数足をガンガン履いた方が性に合っているのかもしれません。

それに今のペースで履いているとRWだけで普通に1足10年以上履けちゃうので、生きてる内に履ききれるのかも考えなくてはいけないのかも。

なんて大げさですが。

ガンガン使うためには数も重要だなと。ソールの減り具合を見て思う今日この頃です。

参考 Red Wing 9874

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメント

  1. R より:

    同じ革でも、やはり2年の違いは出るものなのですね。自分の靴でも無いのに、面白いなぁと思ってしまいました。しかし、表情でいうと、9874の方が、モック部分の縫い目がヘルメットの枠に見えて、よりウォーズマン感が出ているような。ひっくり返して赤い目を描きたくなります。
    ソールの減りは、やはり歩行距離に比例しますね。私の場合、冬は2足を交互に履いてますので、かなり早く減ってます。そろそろ歩きにくくなってきましたので、交換ソールを何にするか悩み始めています。

    • depwing depwing より:

      モック部の縫い目がヘルメットの枠…
      確かに、9874もウォーズマン感出てますね。いつか、しれっと赤い目のシールを貼って登場させようと思います。しかし、さすがのセンスです!
      いざソール交換となると悩みますよね。僕も今のペースで履いているとおそらく9895のソールが一番最初に減っていくので、まずは一回部分補修を入れてからソール交換をすることになりそうです。Rさんのソール交換、楽しみにしています。というかまたリスペクトしてしまうかもしれませんが。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。