デザートをおかわり!グラミチのニューナローショーツ

グラミチ1

ダブルネイビー(紺色)を入手し、穿いているNNことグラミチのニューナローショーツ。

これスッキリシルエットがお気に入りのショートパンツなんです。

12色もあるので、次はどのカラーにしようか迷っていたんですが、2本目はデザート(薄茶色)をおかわり。こういうとこ、ディープシーとかホワイトを選ばないところがコンサバカ^^;

まぁ一本目でネイビーを選ぶ時点で保守的ですが…

生地は少々厚め

今期もビームスのナイロンやオッシュマンズのコットンリネン等、NNのシルエットをベースに異なる素材の別注モデルが出ています。

やっぱりベースとなるモデルのコットンは少々厚め。

しっかりはしているんですが、盛夏にはちょっと暑いかも。ただナロー(渡りに裾幅が細め)なシルエットなものの、ストレッチ素材が効いているので、穿きやすさはありますよね。

そう考えると、このシルエットとお値段のオッシュ別注コットンリネンNNは涼しげで特にいいかも。

穿くだけでスポーツミックスに

グレゴリー1

“グラミチ”と言えばクライミングウェアを中心としたメーカーだけに、これを穿くだけで所謂スポーツミックステイストになりますよね。

しかし、いつものグラミチショーツに比べてシルエットがナローなので、合わせるモノ次第でカジュアルなものの少しスッキリとした感じにもなるのも愛される理由のひとつ。

“着回しがきく”ってやつですか。

ジャックパーセル1

チャコやキーン、テバなんかのスポーツサンダル(スポサン)を合わせるとよりカジュアル感が出ますし、スリッポンにスタンスミスやジャックパーセル等のホワイトスニーカーもいい。

僕はあんまり履かないんですがローファーも合わせられるほど許容範囲は広いですよね(もちのろん、レッドウィングも)。

そうそう、ChampionのT1011やGood OnなんかのポケTを合わせるとカジュアル感強めですが、やっぱりいい感じになると思います。

Tシャツはタイトな物を選ばないのが”今っぽい”んでしょうね(笑)

あとがき

グラミチ 231

今回は2本目ということもあり、お気に入りショップのmischiefさんを利用させて頂きました。

先日届いたばかりですが、結構穿いているのでもうこんな感じに…

今年はこちらを穿いていつものバギーズショーツの出番が減ってしまうかも?しれません。

待てよ、「盛夏はバギーズショーツで今の時期や秋口にはこちらを穿く」なんてのもいいのかもしれませんね。

多色展開なので、個人的にはウールパンツのようなチャコールグレーも出して欲しい。

紺や白のラコステL1212なんかに合いそうです。ってやっぱりコンサバカですが…

グラミチ ニューナローショーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメント

  1. R より:

    この時間で酔ってます。
    と、言い訳をした上で、このエントリに貼ってある、カエレバのNNの写真。NNでこんなに太ももと裾に隙間が出来るって、どんなに細い足だよって思ってしまいした。
    そういえば、私の住処に近い溝口の丸井にあったA&Fが一時期無くなってたのですが、この前復活してました。で、Chacoを前面に出していたのですが、ネイティブアメリカン系のストラップのChacoは惹かれました。これまで、Keen好きだったのですが、これも良さそう。
    履き心地はどんなもんなんでしょうか。

    • depwing depwing より:

      こう暑いとお酒が美味しいですよね☆
      僕も昨日、飲んでたんですが、地震の影響で帰宅できなくなってしまい、このZ1を履いて3駅程歩いて帰りました。フッドベッドは柔らく感じるものの、実際に距離も歩ける程このウナウィープソールの履き心地がいいんです。勝手にメロス型と言っているストラップのフィット感も良く、簡単に調整でき、足に食い込んだりもしないのでかなりオススメです。夏の靴下との相性もめちゃくちゃ良さそうですよ。

      ネイティブアメリカン系ストラップ、お似合いになるかと!というか僕もとある柄が気になっているので、もしかして気になる柄がかぶってたりするかもしれませんね(笑)

      あ、このNN、なんかサラサラと書いていますが、このデザートが妙にタイトでアタリがつきやすいんです。太ったかも?じゃなくて、個体差が…と信じたい今日この頃です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。