さんきゃーく

5文字伸ばーし

そんなに大袈裟な物ではないんですが、先日、やっとこさ欲しかったカメラの三脚を入手。

ULTRA 555

マンフロットの軽快なミニ三脚PIXIが候補だったものの、デジタル一眼レフの重さの兼ね合いと主に薄暗い室内で靴ばかり撮っているので、まずは大きくてもガシッとしているものがいいなと選択したのはこちらのVelbon ウルトラ 555。

「三脚も高けーな」と思いながらいずれフルサイズに移行する可能性も否定できないので、もうひとつ上のウルトラ 655も候補にあがったんですが、ここしばらくはAPS-C機を勉強しながらレンズ資産を増やしていくためこのウルトラ555に決めました。

何よりも、後述するウルトラロックが気に入ったんです。

もちろん、より上位のカーボンのモデルなんて軽くて魅力的なものの、お値段もハイスペックなんで、今の僕の腕を勘案してもこのウルトラシリーズで必要十分。

というか、すでにこの555でもオーバースーペックなんですが。

ゴゴゴゴゴゴ…

ガシャコン、ガシャコン

このベルボンのウルトラシリーズ、慣れは必要なものの、左にひねる(回す)事によりロックが外れ、ガシャコン、ガシャコンとロボ的な脚の伸ばし方ができるもの。そして右に回すと脚にロックがかかるんです。

あ、一応動画は音が出ますのでご注意を。

説明書にも書いてあるようにウルトラロックは慣れが必要で癖もあるんですが、癖も慣れると心地良くなるなんて思ってる部分もあるので、ガシャコン、ガシャコンとうまく使いこなせるようになりたい。

まぁ、動かない靴ばかり撮っていてアレですが何よりもスピーディーに三脚が使えるというのがツボなんです。

まだベルボンさんの動画のようにこんなにスムーズには出来ないんですけどね。

と、ファーストインプレッション的な感じでまだまだ書き足りないんですが、案の定長くなってきたので今回はこの辺で。

それと今年は勉強の意味も含めカメラ関係のエントリーも書いていこうと思います。

そんな感じでガシッとしたベルボンの三脚、ウルトラ 555を入手したのでちょっとは薄暗い室内でもISOを上げずに撮影できそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメント

  1. R より:

    べるぼーん。すいません。言いたかっただけです。
    三脚やっぱり欲しいですね。今は三脚を買うか、スカイツリーから飛び降りる覚悟で望遠ズームレンズを買うか悩んでいるのです。でも、くそ高いレンズを買ってしまったら、本当にマイクロフォーサーズから離れられなくなるので、三脚かなぁ。

    • depwing depwing より:

      きゃは!ありがとうございます^^
      溢れる夢と物欲。例のレンズを見ていたんですがあれは欲しくなりますね。m4/3を持っていないにもかかわらずアマゾンのレビューまで読んでしまいました。D500も気になるところですが、あのレンズを手にしてしまうと本当に動けなくなると思います。ただ、三脚を入手してもいずれは…おっと危ない。この先はやめておきましょう。沼があるので。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。