Sky Blue or Navy そして Black

気がつけばもう12月ですか。

Blog的にもそろそろ一年を振り返る時期。2015年の下半期も入手してよかったものをアップしようと思っているんですが、そもそも入手したものを全然アップしていないという顛末…あらら。

特に最近はカメラグッズをちょこちょこと追加し、弄っていたのでアップしていませんでした。

ストラップ - 1 (1)

そんな今回はそのカメラグッズからNinjaストラップを。

このNinjaストラップ、使い勝手がよくてかっこいいですね。

スカイブルーとネイビー

一眼レフのデフォルトのストラップってCanonやNikonと大きく書いてあるのがどうも馴染めず、とあーる方がご使用されているのを見て一目惚れしたNinjaストラップ。

このスカイブルーの色味に惹かれちゃいました。

ストラップ - 1 (2)

「カバンを左肩から掛けるのか、いや右から掛けるのか」の論点から、右利きなんで「左肩からカメラをかけるとシュッと右手で使いやすいんだな」と軽く試行錯誤。

実際に使ってみても、さっと使えて、移動中など使わない時は体に固定出来るのが使いやすいですね。

先日カメラ自体を追加したので、もう1本ストラップが欲しいなとネイビーも追加。

ストラップ - 1 (4)

二台ともカメラはニコンのAPS-C機。

正直、一台体制にしようとも思ったんですが、それぞれのメリット、デメリット(軽い重い、画像処理エンジンが新しい等)があるので、このNinjaストラップの色を替えてガンガン使っていこうと思います。

しかし、スカイブルーのNinjaもお気に入りなんですが、ネイビーのNInjaもいいですね。

今回は販売元のdiagnlのオフィシャルショップでカラーが選べてバインダーがセットになったモデルが登場したので、このネイビーを選択。送料込みのちょっとリーズナブルなセット価格で購入できるのは嬉しいところ。

説明にもあるように一眼レフは38mmのストラップがいいと思います。

そしてブラックも

フルサイズ機はカメラの腕とお財布が追いつかないのでしばらくお預け。

それにレンズ資産がないので、レンズに三脚等、カメラグッズが充実して、経験を積んだ上でいつか移行できたらいいですね。

まぁ、黒や茶色のブーツばかりを撮影するならばAPS-C機で十分な気もしますけど。

oil or creame - 1 (1)

実は、そんなBlackの露出アンダーな彼もフライングゲット。

ちょっとこの先はお買い物エントリーが続くかもしれません。

参考「Ninja Camera Strap & Binder set」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメント

  1. R より:

    実は、自作カバンのストラップに使っているのが、Navyの38mmだったりします。バインダはエンジですが。やはりかぶるもんですな。
    しかし、カメラ新調とは羨ましい。私ももっと上手くなったら、APS-Cとかフルサイズも欲しいな、なんて思いつつも、マイクロフォーサーズでレンズやらが増えてしまうと、資産流用ができないので、結局マイクロフォーサーズで続けていきそうです。
    と、ここまでは前置き。
    おや、最後のブツはなんでしょうね。なんか見覚えのあるフォルム。見覚えのある色。

    • depwing depwing より:

      Navyのバインダーはまた真似しちゃうなと自覚していたんですが、Navyのストラップもですか。確かに!Rさんカバンのストラップに使われてましたね。結果としてまたかぶせてしまいましたm(–)m
      カメラそうなんですよ。よくわからなかったので、まずはAPS-Cのエントリーモデルから入ったのですが、レンズ資産の流用があるので方向性はかなり重要だなと。フルサイズ対応のレンズを持っていないし、腕も腕なんでまだフルサイズじゃないんですよね。しかも画角が狭い方が好みなようで、その点でもAPS-Cがいいのかもしれません。
      最後のブツはまだ無機物か有機物かの区別がつかないアレです。もちろん、このエントリのタイトルもオマージュしてます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。