始まった一年

9870 - 1

先週末は雪を踏み踏みしてる写真を撮ろうと思ったんですが、僕の住んでいる地域では雪が降りませんでした。

さて、振り返ったかと思ったら始まるのが一年。もうだいぶ始まっちゃってますけどね。

元旦におろした9870が思いのほか履きやすいんです。同じレザーを使用しているからと言っても9874とは異なる履きやすさ。

8に23と木型による差はあるものの、同じレザーでもモックとラウンドでこうも履き心地が変わるのかと少し驚いています。

いつものように靴擦れをしないようオイルアップをし、軽く履き慣らしてから履いていますがクローンダイクの硬さは特に感じていません。

プレーントゥ

元々好んでよく履いてきたRWはラウンドトゥモデル。

最近はずっとモックだったので、久しぶりの新しいラウンドトゥはいいですね。かつてはプレーントゥとよく呼ばれていたように思います。

パシャりと写真を撮るのも新鮮で、好みの角度も見つけやすいんです。

ただ、好み偏りタイプとしては9874ではなく、この9870を2年前に買っていたらベックマンにアイアンレンジと自分のRWのラインナップがガラリと変わっていた可能性があるかと思うと興味深いですね。

一応モックの9874を買ったのは、ラウンドの8160があったからなんですが、4足も続けてモックを揃えるとは思わなかったですからね。

最後は某様の9870をモチーフにブラックタスランをトラ紐にチェインジ。

9870 - 1 (5)

この発想はなかったので斬新です。

しかし、このプレーントゥのブラックモデルにトラ紐の組み合わせ、アイスカッター感がありますねぇ。

氷や雪の上を踏み踏みしている写真をいつか撮ってみたいです。

参考 Red Wing 9870 ブラック”クローンダイク”

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメント

  1. R より:

    某です。こんばんは。
    既に、艶の片鱗が見えてきてますね。てことは、豚か化繊を使わているのでしょうか。
    しかし、プレーントゥは履き心地が良いというのは大きく同意です。私もモックと順番に履いてるつもりが、ついプレーンを履くことが多いらしく、50kmくらい差ができてしまいました。
    クロンダイクに虎タスランは、奇をてらって始めたのですが、意外なほどしっくり合うのです。これが8165のブラッククロームなら違和感ありありなのかもと思ってみたり。

    • depwing depwing より:

      あり、またバレちゃいましたか。こんばんは。
      虎タスラン、合わせてみると意外にしっくりきます。踏み踏みを拝見し、これはリスペクトしたい!とやる気満々で仕込んだのです。
      艶からのブラシもさすがです。9870にも化繊のブラシを使っているんです。まだ3回ぐらいしか履いていないんですが、ブラッシングの回数の方が多いせいか少し艶が出てきました。しかし、プレーントゥは履きやすいですよね。クロンダイクの履きづらさみたいなものを憂慮していたものの、9874に比べすんなり履けたのでこちらもプレーンの登板回数が増えそうです。

R にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。