自然な風合い お手入れ前のレッドウイング#875

レッドウィング 875 6ヶ月05

先日、M氏からお借りしたレッドウィングのアイコンのひとつ#875。こちらは現行のオロレガシーではなくオロイジナル。

前回、購入3ヶ月目でオイルアップをしているので単純計算シーズンに一回お手入れをしてます。購入から6ヶ月が経過し、梅雨も真夏も履くとのことでここで一旦オイルアップをしておこうと思います。

今回はそんなオイルアップの前に、少しだけこの#875を見てみたいと思います。

普通に履き込まれてきた#875

レッドウィング 875 6ヶ月11

汚れこそありますが、アッパーレザーの状態は比較的しっとり。

レッドウィング 875 6ヶ月10

トラクショントレッドソールも汚れている。でも、これぐらいが自然な風合いなのかな。綺麗に履く事も意識していないし、#875が好きだから、普通によく履かれています。

「デイリーのブラッシングや、雨の日は履かない」とかそういうのも一切なし。3ヶ月に1度程、僕の手元に来てオイルアップをしているのみ。

僕の1stレッドウィングも#875だったので毎日履いて、履き潰してしまったのを思い出します。

自分と全然違う履き方なのが面白い

レッドウィング 875 6ヶ月15

ブラッシングをしていないので、ウェルトにはホコリがたまっています。

レッドウィング 875 6ヶ月17

タグも少し、切れている。自分と全然違う履き方だから面白いですね。

これはお手入れのしがいがありますね(笑)

あとがき

レッドウィング 875 6ヶ月12

オイルタンドは、オイルを入れるのがやっぱり楽しいんですよね。

今回は防水性を重視して、ミンクオイルを使おうか思案中です。

P.S.僕のザ・レッドウィングと言えば#8875ですが、#875は思い入れのあるブーツです。やっぱりいいなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。