久しぶりのRed Wing 9874

987425

ここ東京でも8月末からぐずついた天気が続くものの、大分涼しくなりました。

人によっては朝晩は寒いぐらい?長雨が続くのは困りものですが、暑がりにとっては夏の終わりというよりも、この涼しさが嬉しいですね(今日は蒸し暑かったですが)。

涼しくなると、この9874に8133と夏場は履く機会が少なかった真っ黒部隊が復活です。

部隊といっても隊員が2名しかいない小規模部隊。

夏場も、完全に履いていなかったというわけではないのですが、クローンダイクレザーはドライなテイストで、履く間隔が少し空くと革がギュッギュッとしなります。

98743441

ごわごわのジーンズしかり、こう硬かったり、履くのにも難儀するモノが馴染んでいく過程というのもまた一興。クローンダイク、紐をギュッと締めて革がしなる感じも楽しいんですよね。

それにブラックとブラウンの配色も好きなので、最近は同クローンダイクレザーの#2015ことハンツマンを見て、ソールを「グロコードソールにするのもいいな」なんて影響を受けています。

おっと、ハンツマンは店舗限定の期間限定モデル。

アニバーサリーモデルなので、購入できる期間が短いというのがポイント。されど、この9874含め9268等、他のクローンダイクモデルは、店舗限定モデルですが、期間限定モデルではないので大丈夫。

しかし、流石に6足のRWはやり過ぎだよな〜

本格的なブーツシーズンを前に、前回の9874のエントリーに続き9870が一層欲しくなっている今日この頃です。

参考モデル – REDWING 9874

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメント

  1. 勘三 より:

    6足はやり過ぎ??
    やっちゃいましょうよ~(*^^*)
    私は秋に短靴追加予定ですが、収納スペースに限界を感じて、二の足を踏んでおります。
    で、ハンツマンは予約終りました?ww

    • depwing depwing より:

      お!6足目は秋に短靴追加ですか〜
      7足目は冬にハンツマンorベックマンでしょうか(笑)収納スペースが確保できたら、一気に逝っちゃいそうですね!
      う〜ん、こちらはしばらく現状維持ですかね。

      とか言っておいてハンツマン予約してたりして。もちろん、できないけど。

  2. R より:

    へっへっへ。こちらにおいでと、沼の底から手を振ってみます。
    今回9870をDさんの写真と似たアングルで撮ってみたのですが、結構違うもんですね。
    サイドのシワの出方の違いは、おそらくカカトのシェイプの違いからくるのでしょう。
    9874はカカトの形に添うようにシェイプされてますが、9870は一枚革ですとーんとしてるので、その分サイドにしわ寄せがくるのかなと。
    その他、羽根の一番上の部分の形の違いとか、今回見比べて初めて気が付きました。
    他にも色いろ違いがあるのかな、改めて9875と見比べてみようかなと。
    ではでは

    • depwing depwing より:

      ブーツに酒に酒器などなど。気がつけば周囲は沼だらけになってしまいました。ズブリとハマらないように慎重に歩かなければなりませんね。これはとあーる方の影響が大きいのでしょう。
      9870に9874、見比べてみると色々違うんですね。羽根の一番上の部分もラウンドは丸みを帯びて、モックは角張っている。これ地味に感動しました。
      しかし、かかとのシェイプの違いによるシワの出方なんてRさんの着眼点、益々ジーンズに合いそうですね。

  3. R より:

    そうなんですよね。改めて見比べると、そもそも羽根の縫い方が違うんですね。
    9874系のモックは、履き口が別革で補強されていて、羽根のコバは切りっぱなしの面を2枚重ねて縫っています。なので、ワイルドな感じに仕上がっています。
    9870系のプレーンは履き口に別革を使わず、革を折り返して縫って、その折り返しがそのまま羽根まで続いています。なので、9870系は羽根のコバの毛羽立ちが目立たず、すっきりして見えるようです。8103も9870系と同じ羽根の作りですっきり系です。
    毎日見ているのに、気が付かないもんですね。

    • depwing depwing より:

      そう、コバ思ったんですよ。9870は羽根のコバのガサガサが気にならないのでトコノールで整えているのかな?と思ったんですが、そういうことなのですね。プレーンの羽根のコバの毛羽立ちが目立たないのは、革を折り返して縫っているから。履き口の別革の補強の有無が滑らかな羽根のコバに影響してくる。今モックとプレーンの羽根を見ながら深く頷いております。これは思いもしなかったです。9895に8160もすっきり系の羽根でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。