875系、877をお持ちの方にグッとくるレッドウィングの新作カヌーモック

0000066498000

レッドウィング 9850 画像はFLISCOより

先日、セブンイレブンで雑誌2ndの2014年9月号をザッと立ち読み。

載ってましたねカヌーモック。レッドウィング・ジャパンの鈴木代表も”真夏のハンティングスタイル”として9850を履かれていらっしゃいました。

鈴木さんは雰囲気がある方なので、カヌーモックが色味のあった服装に大変似合っていらっしゃいました。実際にカヌーモックを履かれている姿を見ると、思っていたよりはゴツくなくシュッとした印象です。

カヌーモックを見て875を履くM氏も…

0000066527000

レッドウィング 9851 画像はFLISCOより

その時に、調度オロイジナルの875を履くM氏と飲んでいたので、この2nd掲載のカヌーモックを見せたらいいね!と連呼(すでに酔っていたのかもしれませんが…)。

やっぱり、カヌーモックの中でも、ゴールドラセット・セコイアの9850が気になる模様。これ、実物を見たらやられちゃうかもしれません。

6インチブーツですが、875や8875に9875、877がお好きな方キラーになりうる一足ですよね(笑)

カヌーモックのお値段は確かに高いが、値上げの対象外

およそ5万円程のお値段をM氏に伝えたら”uge!”っと驚いていました。

確かに、レッドウィングの中ではお値段はベッカム、失敬、別格なので購入するには少々勇気のいるモデル。しかし、”店舗限定モデルに、レザーライニング、アイリッシュセッター50周年記念モデルがベース”となると男心をくすぐる一足です。

正直、僕も少々ゴツイかな〜と思っていたんですがサイドのステッチのせいかシュッと細身に感じられ、見ているうちに惹かれていくモデルです。

今回の2014年8月のレッドウィングの値上げ対象にはなりませんが、それでも、やっぱりお値段は高いなぁ(汗)

ご購入された方は是非感想を教えてください☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。