もちろん鏡面磨きでダナーも光るぞ 

ダナーエクスプローラー1

今回は、いつものKIWIのパレードグロスのブラウン(茶色)と、サフィールのビーズワックスポリッシュのニュートラル(無色)を使って鏡面磨きを。

鏡面磨きとは縁を感じないダナーを使ってやってみる。手順はいつもと同じ。さすがに皆さんもお腹いっぱいだと思うので手順は割愛する。

2つのワックスを使ってどのような違いがあるのか見てみたい。

KIWIは如何にも、サフィールは上品な感じ

ダナーエクスプローラー 比較1

大方の予想通り、KIWIのパレードグロス(右)は所謂やらしい感じに光り、サフィールのビーズポリッシュワックス(左)は上品に光る。

ダナーエクスプローラー 比較28

好みはあるだろうが、KIWIはKIWIでわかりやすくて好きだし、サフィールはKIWIに比べて控えめである点に好感が持てる。

この写真ではわかりずらいけど…すいません。

カラーがある方が深みは出る

ダナーエクスプローラー 比較27

そもそも、ブラウンとニュートラルというカラーの差が最初からあるので単純な比較は出来ないが、やはりカラーがある方が色味に深みが増すように感じる。

もっとも、ニュートラルのいいところは、靴の色を基本問わずに使えること。ブラックにも、ブラウンの靴にも使えることだ。万能タイプであるからこそ、深みを出すのは難しいかもしれないが様々なカラーに使えるのは心強い。

複数のカラーの靴をお持ちでハイシャインをしたいという方はニュートラルのポリッシュからご用意されるのもいいのかもしれない。

ただ、慣れてくるとその靴のカラーに合うポリッシュが欲しくなってくる。

ブラック、ブラウン、ニュートラルは持っていて間違いのないカラーではないだろうか。

缶の開け方

ダナーエクスプローラー21

余談だが、この手の缶はこの銀色の取っ手の部分を回して開ける。

初めて買ったレッドウイングのミンクオイルもこのタイプの缶だったが、開け方がわからず缶切りで無理やり開けた記憶がある。

今では笑い話だが、知らないと開けることすら困難な構造である。

あとがき

ダナーエクスプローラー4

本来は、ドレス用のオックスフォードで実施することの多いハイシャイン。

ドレスシューズとワークブーツのどちらで覚えてもいずれにも用いる事ができる。

ドレスシューズはもとより、”ワーク、アウトドアブーツにハイシャインを用いて光らせる”というのが意外性があって面白いと思っている。

ダナー自体は2月の雪の日以来履いていないんですが…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。