既にドライなテイスト「オイルアップから2ヶ月」Red Wing 9874

98741

およそ2ヶ月前にはたっぷりとミンクオイルを入れたクローンダイクの9874。

ところがどっこい既にかなりドライなテイストに…

先日、通り雨に降られたこともあり、またそろそろオイルアップを予定しています。

フィット感は上々

どちらかというとEワイズよりDワイズの方が馴染む足の形。

しかし、この9874、革の硬さもあるのでしょうが、Eワイズなもののフィット感は上々。包み込まれるというよりは、ちょっと大げさですがガシット装着するような感覚。

ヘビーウェイト好きとしては硬いモノは馴染ませるという楽しみ(手間?)もあり、馴染み始めるとフィット感が増すのはジーンズやスウェットだけではないですよね。

既にかなりドライなテイストに

9874 タピール1

クローンダイクはドライな反面ツヤが出やすいのも魅力。

普段のお手入れはホント、履いた後にザッとソールを拭いてブラッシングをするだけというゴクゴク簡単なモノ。もちろん履き方や好みはありますが、2〜3ヶ月に1度程はオイルを入れてあげた方が履きやすそうですね。

最近はタピールのレーダーバルサム専用で育てていたブラシをこの9874含め、各種革靴のつま先を磨くのにも使っています。カラッとしたクローンダイクを軽く光らせるのにもいいんですよね。

あとがき

9874 終わり1

2014年の1月に購入してから早、1年2ヶ月程が経過。

そんなに丁寧に履いているつもりはないんですが、憧れの茶芯はガリッとゴリッといかないとなかなか出てこないですね^^;

オールブラックの8133に触発され、いずれブラック・トラクションにてソール交換をしようと思っているんですが、一体いつになることやら(汗)

ここ10年程はレッドウィングのソールは一度も交換していないので後10年はかかるかも…

P.S.ベックマンの紐が好みで最近はこればかりです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメント

  1. RYEMASH より:

    こんばんは
    ガシッと装着の感覚、よく分かります。どこかで書きましたが、なんとなく金属製の鎧をまとっている感覚があるのです。しかもオーダーメイドの。
    始めこそ大変な革ですが、慣れた後の履き心地と、手入れの楽さは特筆モノですね。
    しかし、微妙な表情の違いは、9874と9870の違いなのか、ミンクとマスタングの違いなのか、はたまた時間の違いなのか興味深いです。
    明日からまた写真を上げられますので、350Km報告で9870の現状を報告してみたいと思います。
    ではでは

    • depwing depwing より:

      RYEMASHさん

      こんばんは☆

      オーダーメイドの金属製の鎧ですか(笑)ガシッとしてますよね。金属製の鎧というと聖闘士星矢の超合金を思い出します。私達、クローンダイクという名の超合金の鎧をガシッと装着しているのかもしれませんね。

      僕の9874は履き込みが足りないのかヌメットしている感じなんですよね。RYEさんの表情が出ている9870を見て、しっかり歩かないと表情が出ないよなとあらためて思いました。やはりワークブーツやジーンズは使い込んでこそ表情が生き生きすると思うと、ガンガン使ってしっかりお手入れするというのがデフォなんでしょうね。しかし、このサッと磨けばツヤが出る手入れの楽さはいいですよね。

      さかな切子で今日も美味しそう!350Kmの9870も楽しみにしています♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。