エイジング2ヶ月目のレッドウィング 9874に対する感想

987406

購入後2ヶ月程しか経過しておらず、履いた日にちも8日程のクローンダイクのレッドウィング  9874。

今回も、これで「エイジング2ヶ月目」と言っていいのか疑問が残りますが、2ヶ月目の節目として9874に対する感想を書いてみたいと思います。

履きはじめの革が硬い

987408

当初、「カタイカタイ」と言っていたクローンダイクも履き慣らし、それに普段履きを通じて大分やわらかくなりました。このクローンダイクも馴染むと、ある程度革が伸びます。サイズも革がやわらかくなることによりハーフサイズ程大きくなったような気がします。

それにしても、とにかく履きはじめの革が硬かった。今となれば履きはじめの”ギュッギュッ”と革がしなる感じもキライじゃないですね(笑)

作りが丁寧な気がする

購入先のフリスコさんが、状態のいい物を選んでくださったという事もあるのでしょうが、とても作りが丁寧な気がします。

この復刻アイリッシュセッターシリーズ自体、”取扱店の限られたモデルである”という事からも日本別注モデルとして丁寧に作られているのかもしれませんね。

オイルの含有量が少なく、オイルが抜けるのも早い

そもそもオイルの含有量が少ないという事もあり、直近で見ている875よりもオイルが抜けるのが早い。

9874は、純正のミンクオイルを使ってお手入れをしていますが、しばらくしたらまたオイルを入れようと思っています。

オイルアップは購入時に実施した一回のみです。

あとがき

987401

履く頻度が低めなので、経年変化も少しずつ。良好な状態を維持しながら履いていこうと思っています。

履いた後も、トラクショントレッドソールをザッと水拭きしているので、現段階ではソールにも目立つ汚れは付着していません。ブラッシングは、埃が目立つ時のみザッと。

まだまだ2ヶ月目ですから、革が馴染み、少しずつ履き皺が入ってきて、これからがエイジングが楽しめる時期になってくると思います。先は長いですが、気長に茶芯が出てくるのを楽しみに待ちたいと思います。

なんだか、ヒゲやアタリが出てくるジーンズのエイジングに似ている9874のエイジングです。

ホントあんまり履けてないので変化が乏しい…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。