ソールを磨け、トラクションソールの汚れ落とし

98741

まがまがしいコスモ…じゃなくて禍々しい汚れ。

“まがまがしい”=”良からぬ、不吉な、好ましくない”ってそんなに遣いますかねぇ。

まがまがしい汚れが付着する前にソウルを磨け!

あ、ソールを磨けでした…

最近お気に入りの組み合わせ

987431

好みの問題ですが、どうもトラクショントレッドが汚れているのが得意ではないのです。汚れるのはかまわないんですが、汚れている状態が続くのが苦手。

試行錯誤しながらソールを磨いてきたんですが、最近のお気に入りは「ステインリムーバー+ワイプオール」の組み合わせ。

普段は簡単に、ウェットティッシュでザッと拭くのみなんですが、オイルアップの際や汚れが目立つなと感じた時はこの組み合わせでゴシゴシと擦っています。

ウエスにステインリムーバーを付けて磨くので、擦らなくてはいけないものの、リムーバーの魅力は消しゴム方式とは異なり雪が降らないこと。

紙ウエスたるワイプオールのレビューを拝見すると靴磨きに使うモノではなさそうですが、このワイプオールの形状がステインリムーバーと相まって汚れを絡め取ってくれるんですよね。

手強いのが泥よりも草等植物系の汚れ。所謂天然の青汁というヤツですか。これがまた強敵…

されど、これにも「ステインリムーバー+ワイプオール」のコンビがいいですね。

強く擦る必要はあるものの、根気よく磨けば綺麗にする事ができるように思います。

あとがき

987421

白いトラクショントレッドソールをずっと白いまま維持する事は難しいものの、白いソールとアッパーのやれ感の対比が好み。

アッパーが味わいのある風貌でも、トラクショントレッドが綺麗だと全体が締まります。

出来る範囲内で、ドロドロのソウルにならないように心がけたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメント

  1. 勘三 より:

    汚れてきたら、それはそれで良いかな~、と思いつつ、ゴシゴシして汚れが取れると満足感一杯な訳でしてww

    取れないと諦めがつくのですが、ステインリムーバーならだいたい汚れが落ちてしまうので、ついついゴシゴシしてしまいます♪早く梅雨明けしないかな~

    • depwing depwing より:

      そう!それなんですよね。

      ある程度の汚れは仕方ないにしろ、簡単に目立つ汚れが落とせるのはステインリムーバーの魅力ですよね。ゴシゴシして綺麗になるのはやっぱり気持ちがいいものです。
      RW、マメに紐を外してまでブラッシングされているのはスゴイ!丁寧に履いていらっしゃる姿を拝見し、いつも影響を受けています。

      梅雨明け待ち遠しいですね〜GOLDは8回目まで到達しましたよ(笑)

  2. R より:

    こんばんは
    ワイプオール万能説がどんどん高まってますね。
    ソールの掃除に関しては、ちょっと前のエントリに書いたクレープブラシを使っているのですが、これが意外にC/Pが悪いことに気づきました。効果は高いのですが、ブラシ側の生ゴムがドンドン減るのです。その分汚れを吸着してくれているんでしょうが、あまりいつもいつも使えるものではないなと。
    梅雨は厄介なものですが、革の風合いの変化とか、意外にソールも綺麗にしやすいなんて、楽しみも見つけてます。
    ではでは

    • depwing depwing より:

      こんばんは!
      勝手に「上半期入手して良かったもの」をまとめていたところ、Rさんの影響が非常に大きかったんですよね。先のGOにしろ、このワイプオールにしろS/DはRさんのエントリーですからね。最近では、グラミチを穿いてこっそりヤゴにトンボまで捕まえてしまいました…

      しかし、このワイプオール万能神ウエスですね。アマのレビューではみなさん、主にロードバイク等のオーバーホールに使われていらっしゃる印象ですが、使い方次第でトラクションの汚れ落としなんかにも使えますよね。クレープブラシのエントリ、もちろん影響されましたよ。僕のクレープブラシが軟弱だったせいか、少し雪が降ってしまい、Rさんのように綺麗する事はできなかったものの、このエントリのアイキャッチもそんな「新発見」から模倣とともにリスペクトしたものです。あ、やっぱりRさんにはバレちゃいますよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。