レッドウィング 875の1ヶ月後のエイジング

レッド875購入時17

およそ、購入から、1ヶ月程経過した875(上記画像は、購入時の物)。

今回は初めてレッドウィングを履いたM氏に875を1ヶ月程履いた感想を聞いてみました。

そこで、M氏が履くおよそ購入後1ヶ月後の875の画像とともにM氏に対するQ&Aを記載していきたいと思います。以下、M氏(M)、私(D)とします。

M氏への875に関する一問一答と1ヶ月後の875

【Q1】どの程度の頻度で875を履いていますか?
M:仕事から帰宅後に外出する際の夜間と、週末に1日程。全体的に週に2、3回程度だと思う。

D:靴を休ませてあげるという点では理想的だと思います。

875 1ヶ月5

【Q2】875の履き心地はどうですか?
M:ずっと歩いていると疲れるけど、普通。気軽に履こうという気分にはあまりならないかな。

【Q3】履いてみてどんな印象を受けましたか?
M:重いけど、しっかりしている。ズッシリする靴が嫌いじゃないので、履いてる感がある。かっこいい。

875 1ヶ月2

【Q4】どんな服装で875を履いていますか?
M:ジーパンや、色の濃いパンツと合わせる事が多い。

【Q5】シューツリーは入れていますか?
M:最初は入れていたんだけど、ハイカットのため入れにくく、出しにくいので最近は入れていない。875を履く事自体がシューレースが長く大変なので気軽に出来ないとやる気がしない。

D:う〜ん、シューツリーを推奨する側としては困りましたね。

しかし、M氏の協力を仰ぎ、875に関してはレポートをしているので無理に強制する事はできません。また、875を購入する際に、サイズ選びにも同行したんですが、M氏の足はウィズが広いタイプ。レッドウイングだと、モックトゥのEウィズが馴染みました。今回、およそ1ヶ月振りに875を拝見したんですが、少し横に広がっている印象を受けました。おそらく、そんなに靴ひもを強く結ばないで履いている事も多少影響しているかと思います。

おそらく、今後はこの875に関してはシューツリーを入れずにエイジングレポートを続けます。

【Q6】もしソールが磨り減ったら1万円程しますが、ソール交換はしますか?
M:シューツリーは入れていないけど、丁寧に履いていくつもり。ソール交換はしたいと思う。

D:ここが、レッドウイングを長く履いていくためのひとつの壁ですよね。ソール交換の値段を出せば他の靴が買えてしまうので、ソール交換をせずに履きつぶしてしまう方の気持ちもわかります。

【Q7】ブラッシングかなにかメンテナンスはしていますか?
M:まだ、そんなに履いていないし、ブラッシング等のメンテナンスは何もしていない。

875 1ヶ月1

と、ここまではM氏への一問一答と、M氏が履く875の写真でした。

要約すると、875を一ヶ月程履いたM氏の感想は、①.重くてずっしりしているので、ずっと歩いていると疲れる。しかし、しっかりとしており、その重さが心地良くもある。またデザインもいい。長く丁寧に履いてみたいと思う。

②.メンテナンスは現状特に何もしておらず、シューツリーも手間がかかり入れていないとの事でした。素直な感想だと思います(あくまでも、個人の感想であり、主観により異なる点はご了承ください)。

1ヶ月後の875 を見て

875 1ヶ月4

今回は、総じてまだエイジングが進んでおらず、また、履く前にもメンテをしている事からも特段メンテをする必要はないと判断しました。まだまだ、エイジングはこれからですね。

そして、各自履き方が異なる875がM氏のもとで、今後どのように成長していくのかが楽しみです。

この調子であれば、オイルアップをするのはおそらく来年の2月頃になりそうです。また定期的に875のエイジングレポートを続けていきたいと思います。

来年は、私も新しいレッドウィングを購入し、エイジングレポートを開始したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。