「今秋も初登板 」Patagoniaのシンチラ・スナップ T

Patagonia - 1

朝起きて、肌寒い時には何を羽織ろうか迷う今日この頃。

そんな時に軽くさっと羽織れて重宝するのがこのPatagoniaのプルオーバーのフリース、シンチラ・スナップ T。購入当初は外出時に着ることが多かったものの、今となっては逆に部屋着として着ることの方が多い一枚。

長年着続けているので、スパンデックスのパイピングには毛玉があるし、肘のフリースもつぶれている。それでもあたたかく、汚れると洗濯機で気軽に洗えるので、寒くなると着る機会が増える一着。

胸のフラップポケットの配色とシンプルなプルオーバーが好きで、ついつい色違いを集めたくなるのもシンチラ・スナップTのニクイところ。

パタゴニア - 1

こちらも最近はちょっと高くなっちゃったんですが、下にTシャツを着ても、ボタンダウンシャツを着ても簡単に合わせられるのもいいですね。

しかし、寒くなって初登板をしたといえども今秋はあたたかいので、自宅ではいまだに厚手のグラミチのショーツを穿いています。ダウンベストなんて、まだ1回ぐらいしか着ていないんですよね。

11月も半ばだというのにこのあたたかさは一体…

あとがき

このパタゴニア然り、グレゴリーにレッドウィングなどワークやアウトドアをルーツに持つアイテムをタウンユースに落とし込むと、着込んだ(使い込んだ)風合いがなんとも言えないものの、全てを同時に合わせるというのは個人的には強すぎるのが悩ましいところ。

ただ、意識しないと使い勝手がいいので、ついついパタを着て、ダナーやRWを履き、グレゴリーを背負っているということもしばしば。いずれにしてもヘビーデューティでしょうが、今の雰囲気であればバックパックがミステリーランチだったり、靴がパラブーツだったりするんでしょうね。

そうそう、話はかわりますが、ビームス別注のコヨーテグレゴリーのデイパック、大人気だったそうで追加生産が決定したそうです。

この流れだと毎年別注グレゴリーが出てきそうですが(汗)

参考 Patagonia シンチラスナップT

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメント

  1. R より:

    超がつくほどの有名なシンチラスナップTなので、かぶるのは当たり前なんですが、Dさんのエントリを見て、うちにも一着あったなと思い出しました。
    年の功で、1992年にロッキー山脈の麓で買ったスナップTが今でも現役なのです。
    やっぱり、普遍の良さがありますね。

    • depwing depwing より:

      うほ!1992年のモデルとは!!これは遅れる事10年後の2002〜3年ぐらいのモデルなんです。最近は完全に部屋着と化してますが、着ると安心感がありますよね。昨今はライトオンスのモデルもあるようですが、モコモコした従来からあるモデルがしっくりきます。是非RさんのスナップTもいつか見せてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。