クロームのスーパーソール Red Wing 8133

8133 - 1 (1)

確かに最近のRWはちょっとお値段が高めですが、そんな中でも未だおよそ3万円をキープしている各種スーパーソールモデル。

最近では2015こと110周年記念モデルのハンツマンがこのスーパーソールと同じ木型であるラスト#326を採用していることが興味深いですよね。

8133 - 1

同じモックトゥタイプに主に使われるラスト#23に比べれば土踏まずの部分がよりくびれているように感じるのが#326の特徴。

スーパーソールと相まって履きやすさに貢献しているとともに、ここが#23に比べシュッと見える要因かと。サイズ的に#23がEワイズでちょうどいい場合には、同サイズの#326のDだと少し窮屈に感じるかもです。

8133は現在Eワイズなんですが、同スーパーソール6インチ、オロラセットの8044は変わらずDワイズなので、少し細身に合わせられるかもしれませんね。

ハンツマンも9874や9870などのモデルと同様に青山や大阪の直営店では#326のD、Eワイズが選べる模様です。

8133 - 1

8133と9874

比較的クロンダイクの9874ばかりをプッシュしているような気がしなくもありませんが、ブラッククロームも履きやすく、磨き、ツヤが出始めるとより一層愛着が湧いてきます。

お値段以上の価値はあるかと思いますので、クロームのスーパーソールもオススメの一足。最初から履きやすいのもスーパーソールの魅力のひとつだと思います。

写真が白黒なのはなんとなくそれっぽいのと、ブラック”クローム”、モノ”クローム”ってやつですかね。

お許しください…m(- -)m

参考 Red Wing 8133 ブラッククローム

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメント

  1. R より:

    そうそう、この前青山さんで話していた時に、スーパーソールの話が出ました。
    ソール交換ができないから、買う方も躊躇するんじゃないですかとストレートに聞くと、公式にはできませんが、やってくれるところはありますからね。とのこと。
    もちろん、普通のウェルトになるので、軽さのアドバンテージは無くなりますが、それが原因でスーパーソールを選択肢に入れてくれないのは寂しいですね、とのこと。
    公式には言いにくいのでしょうが、ある意味RWの中で、最強のブーツ。
    実は私も次に狙ってたりします。

    • depwing depwing より:

      むむむ。最強のリラックス部屋着と最強のブーツ。繋がってしまいましたね。
      履きやすく、現行のRWのモデルの中でも入手しやすい価格帯を維持しているスーパーソール。現行のレギュラーモデルとしては存在していないものの、ラフアウトのスーパーソールもいいんですよね。確かに、ソール交換が公式ではできないことを理由に、選択肢に入らないというのは寂しいですね。Rさんの狙っている一足が気になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。