たびたび欲しくなるクロンダイクのRed Wing 9870

たびたび欲しくなるクローンダイクのレッドウィング9870。

うう、なんだかまた今猛烈に欲しくなっているんです(秋だからでしょうか)。同クロンダイクの9874を買った時は、手持ちのレッドウィングはラウンドトゥの8160一足のみだったので、この9870と迷った末にモックの9874を選択。

そもそもクローンダイクは「履き込めば所謂茶芯と呼ばれる下地が出てくるのがおもしろそうだな」と購入したものの、実際に履いてみると硬くドライな質感もいいんですよね。

下地の上に塗料を”のせて”あることからも深みのある黒に、磨けば綺麗な光沢がすぐに出るのがお気に入り。まぁ、ブラッシングをするとすごく生きるレザーなんです。この辺りはよく書いてますよね。

そこで、磨きがいあり、磨きやすいフォルムに、ブラッシングをするとより質感が生きやすいラウンドトゥモデルが再び欲しいなぁと。

バルサム1

Red Wing 8160

しかし、現在は8160が一足手元にあった頃とは異なり、5足のRWが我が家にあるのでおいそれと買えるものでもありません。じゃ、何か目標を決めて購入したい。それならばせっかくブログを書いているし、現在エントリー数が268なので300に到達したらOKを出そうかと。

300に到達してもすぐ買うか(買えるか)はわかりませんが、オプションならず、いつでも買っていい権を発動させるつもりなんです。

それに2015年中にはひとつの目安としてエントリー数300に到達したいので、「2016年度の靴の初買いが9870になったらいいな」なんて妄想を抱きつつ更新を続けるのも悪くないのかも。まさに馬に人参大作戦ですね。

そうそう、各種媒体をチェックすると”クローンダイク”と”クロンダイク”が混在していますよね。ちょっと前まではクローンダイクだけだったのに、最近急にクロンダイクを見る機会が増えたような気がします。「ディギン!レッドウィング」もクロンダイクでしたよね。

あ、巻末のプレゼント、僕は応募してないっす。だってクローンダイクのカヌーモック、サイズがないんですもの(涙)

参考 Red Wing 9870 ブラック”クローンダイク”

スポンサーリンク
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle"

シェアする

フォローする

コメント

  1. R より:

    想定でしか無いのですが、クローンダイクだと、クローンがChromeと思われるから、あえてクロンにしたのかもしれません。革のなめし方では大きくタンニンなめしとクロム(Chorme)なめしがあるのですが、クローンダイクはKlonですので、そのあたりをはっきりさせようとして、余計に混乱してるのかも。
    RWの革は基本的にコンビネーションなめしのようですが、茶芯を保つってことはタンニンなめしの特徴です。8165のような革はChromeなめしでしょう。
    うーん、すいません、この辺の話は長くなりそうですので、またシラフの時にエントリを上げます。
    ではでは

    • depwing depwing より:

      なるほど。紛らわしいChromeとKlonで分けていると捉えるとガッテンです。Chromeもクロームと言ったり、クロムと言ったりしますよね。急にオフィシャルの表示等、クロンダイクに切り替わったのが気になっていたのです。正規店さんの多くはクローンダイク表記だし。なめし、わかっているようでよくわかっていない分野のひとつです。こちらのエントリも楽しみにしています。

      しかし、僕が変なことを書いてもRさんにコメントを頂けると締ります。逆に僕がRさんのブログに締りをなくしているようで申し訳ないです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。